アンプラグド・フラッシュ・アクティビティ
  手品師になって、みんなをアッと言わせちゃおう!
ホームアンプラグド > Activity4

【説明】
データビットのボタンを強調した画面図このページを開くと、25枚の白か黒のカードで作るビットパターンがランダムに表示されます。簡単に覚えられるようなパターンだったら、「Data Bit」のボタンを押して、変更して下さい。
パリティビットのボタンを強調した画面図「Parity Bit」のボタンを押すと、「Data Bit」に対応したビットが付け加えられます。
1枚だけクリックして裏返した画面図手品師は画面と反対の方を見ましょう。その間に、他の人が1枚のカードをひっくり返して(クリックして)もらいます。手品師にばれないように、マウスポインタはずらしておきます。
ひっくり返ったカードを当てて、鳩が出てきた画面図手品師は画面に向き直って、ひっくり返った1枚を当てて下さい。ちゃんと当てることが出来たら、鳩が羽ばたきます。
カードを当てることが出来ず、×がたくさん表示されている画面図でも、間違えると・・・格好悪いから、手品師を演じる人はアンプラグド本できちんと勉強してからネ。
【文献(ぶんけん)】
※このページは以下のサイトや本をもとに作りました。手品で遊んだ後は、サイトや本を読んで手品の意味をしっかり勉強しましょう。
Computer Science Unplugged
 ・Activity10 - The orange game - Routing and deadlock in networks
コンピュータを使わない情報教育・アンプラグドコンピュータサイエンス
 ・学習4 - カード交換の手品(エラーの検出と訂正)
Hiroki Manabe naruhodo2007@gmail.com