おもしろ情報学習ノート
  視覚情報の「らしさ」を見抜こう。
ホームおもしろ情報学習ノート> No.11 意味を伝える情報伝達その1・視覚
■No.11 意味を伝える情報伝達その1・視覚
【問1】「らしさ」を意識した生物のイラスト
【問2】学校に関するイラスト
【問3】エーデル(図形点訳ソフト)を使ったイラスト

【問1】「らしさ」を意識した生物のイラスト

  例:タコ イカ イルカ フグ
言葉 丸い頭と何本かのにょろにょろした足      
イラスト

【問2】学校に関するイラスト(例:地図・校舎)

駅から学校までの地図
学校全体を空から見たイメージ図
 参考までに、筆者が作成した地図や校舎のイラスト(二つのイラストは異なる学校のものです)をお示しします。それぞれに、「伝わる絵」を心掛けてつくったつもりですが、如何でしょうか?道の長さや建物の縦横比率や実際のスケールとはかなり異なります。また、大切なところをデフォルメ(強調)したり、色で浮き立たせるなど様々な工夫を施しています。
  このようなイラストを作る時、忘れたくないのが「遊び心」だと筆者は信じています。

【問3】エーデル(図形点訳ソフト)を使ったイラスト

エーデルでタコのイラストを描いている画面
 エーデルをダウンロードして、使ってみましょう。お絵描きソフトのようにマウスをドラッグしても描けますが、円や四角形、関数のグラフなどの図形を組み合わせても描くこともできます。また、入力した文字を点字に変換する機能なども備えています。エーデルを作成・公開している藤野稔寛さんのサイトはこちらです。


ホームへ戻る