なるほど情報数学
 混雑具合で生まれたり消えたりする不思議な生命体のシミュレーション。
ホーム情報数学 > コンウェイのライフゲーム
■コンウェイのライフゲーム

 自分の周りにどれだけの仲間がいるかで、次の世代も生きていられるかどうか決まる不思議な生命体。仲間がいなかったり少なかったりすると寂しくて(?)死んでしまうし、いっぱいい過ぎても呼吸が出来なくて(?)死んでしまう。適度な人口密度であることが大切であることは人間も同じなのかも。
 これは、1970年にコンウェイというイギリスの数学者が考案した生命モデルのシミュレーションです。

 


ホームへ戻る